CIM-PANEL 野地プレカットシステム

CIM-PANEL ロゴ

野地・プレカットシステム加工を完全自動化!屋根入力だけ、操作15分!

「CIM-PANEL 野地プレカットシステム」は、住宅の野地パネルのプレカット加工を効率化・自動化するシステムです。

ユーザーは、図面(屋根伏図)をもとに、物件の屋根をCAD入力するだけです。インテグラルが独自に研究開発した建材加工最適化エンジン「CIM-Nest」が、自動的に屋根面を個々のプレカットパネルに分割します。さらに、加工時の残材・端材を極限まで削減するように計算し、NC機械でパネルを自動加工します。

※2×4工法などに使われる本ざね加工合板にも対応します。
※株式会社平安コーポレーション「NC-241PS」「NG-131S」に完全連動します。
※「CIM-PANEL」とは「Computer Integrated Manufacturing PANEL」の略称です。

流れ

必要な機器構成

パソコン

OS
Windows 7/8/8.1/10 (32ビット,64ビット)
ディスプレイ
解像度 1024×768 ピクセル以上
メモリ
1GB以上
ハードディスク
OSを除く1.0GB以上の空き容量

本製品が対応する合板の規格

種類
COFI ROOF (本ざね加工合板)
一般合板・構造用合板他
サイズ
3×6、3×8、4×8、2×8、4×7.5、2×7.5(尺)他
工法構造
ツーバイフォー工法・木造軸組工法・プレハブ工法他
(野地下地板に合板を用いる建物)
階数
三階までとします