不動産情報物件検索システム


インテグラルは、Linux上にて、安定的かつ高速で大量のデータ処理を可能としたデータベースシステムを構築しています。

ここでは、実際に開発した、インターネットを利用した不動産情報物件検索システムの紹介をします。

本システムの導入により、社内で利用している物件データベースをもとにした賃貸情報を、インターネットを通じて検索できるようになります。

本システムの導入にあたっては、弊社にて、企画立案からサーバの構築・データベースの構築・プログラム開発を行い、運用保守も行っています。

システム概要

本システムは、不動産情報のデータベースをインターネット上で、いつでも誰でも検索できるシステムを提供します。

既に稼動している社内に既存の物件管理システムと連動することで、データ登録の手間を軽減します。さらに、外観写真、間取り図といったデータを、追加登録することができます。

特徴

■ Linux上のウェブアプリケーション構築において、実績のあるLAMP(Linux, Apache, MySQL, PHP)を利用しており、安定性の高いシステムです。

■ データベースサーバとして速度において定評のあるMySQLを利用することで、システム全体の高速化を実現します。

■ 既に稼動している社内での他の物件管理システムと連動させ、データを取得しているので、管理者側の手間を軽減します。

■ その他に必要な画像などのデータを追加登録することができます。

■ システムは、すべてブラウザから操作可能で、専用プログラムや余分なシステム導入は不要です。

■ データは全て、データベース上で一元的に管理されます。

システム画面

操作は全てブラウザから行います。

賃貸物件検索画面(ユーザーが利用)

地域、物件のタイプ、間取り、予算など、探したい物件の条件を指定して検索します。

賃貸物件詳細情報(ユーザーが利用)

条件に一致した物件の一覧の他、それぞれの物件について、さらに詳細な情報を入手することができます。画像も参照できます。

メンテナンスメインメニュー(管理者が利用)

新規登録・更新したい物件情報・部屋情報・画像をそれぞれの項目から、登録・更新します。

メンテナンスメニュー データベース情報読込み(管理者が利用)

社内の物件データベースから情報を取得し、本システム上に登録します。

メンテナンスメニュー 物件情報登録(管理者が利用)

地域・物件名・物件構造・物件タイプなどの登録をします。

メンテナンスメニュー 部屋情報登録(管理者が利用)

部屋番号・空き・間取りの登録・家賃などの登録をします。