ウェブアクセシビリティへの取り組み

ウェブアクセシビリティの概要

ウェブアクセシビリティとは?

ウェブアクセシビリティとは、「高齢者や障害者など、心身の機能に制約がある人でもウェブ上にある情報を問題なく利用できること」を意味しています。

視力の弱い人は、ウェブ上に小さな字で書いてある情報を読むことができません。盲目の人は、ウェブ上の画像に説明がなければ、画像に含まれる情報を得ることができません。腕に障害がある人は、マウスを操作できずキーボードを使ってウェブ上を移動するかもしれません。

また、ウェブアクセシビリティを確保することは障害を持っていない人にとっても使いやすく、全ての人にやさしいホームページとなるでしょう。

アクセシビリティはなぜ重要なのか

インターネットの利用は、社会のあらゆる場面で広がっています。ウェブにアクセスし情報を得られるメリットは、日に日に大きくなっています。高齢者や障害者がこのメリットを享受できなければ、享受できる者と享受できない者への新たな格差を生むことになりかねません。

また、ウェブアクセシビリティの確保されたウェブサイトが増加することは、障害のある人が日々の生活を行う上で非常に大きな助けとなるでしょう。例えば、政府機能の電子化は、各種申請の際に高齢者や障害者にとって手間のかかる移動をなくすことができます。

さらに、ウェブアクセシビリティを確保することは、心身に障害を持ってない人にとってもメリットがあるはずです。例えば、視覚障害者を意識して読みやすく作られたサイトは全ての人にとっても理解しやすいはずだからです。

インテグラルの取り組み

インテグラルは、階段の手すりや玄関のバリアフリーなどと同様に、 ホームページを使う”人”の使いやすさ、見やすさなどの”~しやすさ”を中心に考えます。

多くのユーザがウェブサイトを利用するようになった昨今、ユーザへの配慮は重要だと考えます。

トイレに手すりがあったり、入り口にスロープがあったりと、あるからこそ使いやすいと思えるような、 そのようなことをホームページにも実装していきたいと思っています。

ウェブアクセシビリティの詳細

視覚に障害のある人たちに配慮する

視覚に障害のある人のは、訪れるウェブサイトの情報を視覚からではなく、音声を聞くことによってホームページを利用します。 この際に利用するのが、合成音声でホームページを読み上げる音声ブラウザというソフトです。 ホームページに掲載されている情報を、音声ブラウザを使う人や視力の弱い人が利用できるようにします。

画像には簡単な説明を付ける
画像の情報を伝えるために、音声ブラウザは画像にあるALT属性を画像の代わりとして読み上げます。そのため、音声だけでホームページにある情報を理解できるように、画像のALT属性に簡潔な画像の説明を付けるようにします。また、リンクボタンとして機能している画像がある場合には、その画像に「・・・へのリンク」等と説明を付けるようにします。
画像以外のPDF文書等のオブジェクトがある場合、その代替ページを用意する
PDF文書や Java、Flash、Shockwave等のオブジェクトを利用したページは、音声ブラウザではうまく内容を利用者に伝えることができない場合があります。 それらのオブジェクトがそのページの主な情報を含んでいる場合には、それらを利用しなくても同じ情報を得られるように文章のみの TEXTページを別に作成します。
フォントのサイズをピクセル数やポイント数の絶対値で指定しないようにする
ウェブ上の細かい文字を読みやすいように文字を拡大して表示するように、手元のブラウザを設定している人がいます。 フォントのサイズをポイント数やピクセル数の絶対値で指定すると、ブラウザの拡大機能がうまく機能しません。 規定値に対する相対値で指定します。
前景色と背景色のコントラストを高くする
視覚に障害のある人は、文字の色や前景色と背景色とのコントラストが低いと読みにくい場合があります。 ページの背景に画像を使う場合には文字とのコントラストを保ち、はっきりと読めるように設定します。
色による情報を,色に頼らない方法でも表現する
ページ上の色による強調を、音声ブラウザは認識することができません。色によって強調する場合には色情報がなくてもわかるように、補助的な情報を加えるようにします。強調する内容を文章によって説明する、または下線・網掛け等で表現するなどが必要です。
フレームの使用をできるだけ避け、各項目を順序良く配置する
音声ブラウザは、フレームを用いたページにうまく対応することができません。そのため、音声ブラウザを利用している人には、フレームがあるとホームページの内容がわかりにくい場合があります。フレームを利用している場合には、代替ページに誘導できるようにします。

運動機能に障害のある人に配慮する

運動機能障害のある人の中には、マウスを利用できない人がいます。その人たちの一部は、 キーボードや特別な装置を使ってインターネットにアクセスします。

キーボードのみでリンク、ボタン、メニュー等の項目を全て選択できるようにする
リンク間の移動、パスワードの入力などの項目間の移動を、キーボードのみでアクセスできるようにします。項目間の移動は「Tab」キー、決定は「Enter」キーによって行えます。 メニューやリストなどもキーボードのみで選択できるようにします。

異なった環境での表示を確認する

OSやブラウザが異なると、制作者の意図に反してホームページが表示されることがあります。また、回線の環境なども考慮に入れます。

OSによる機種依存文字の使用を避ける
丸に囲まれた数字や全角のギリシャ数字などの特殊文字は、Windowsで見ることができるが、MacやLinuxでは見られないなどの問題があります。 特殊文字は、OSによって異なった表示となるため使用しないようにします。
異なった環境での表示を実際に確認する
画面の小さなコンピュータや、古いブラウザ、回線の細い環境でホームページにアクセスする人がいます。 そういった環境でも問題なく表示されるか確認します。

チェック方法

音声ブラウザを使用してホームページの内容が音声だけで理解できるか確認する
強制改行(<BR>要素)が文中に入っていると、音声ブラウザで聞いた際に聞き取りづらくなる場合があります。 画像の代替文字情報だけでなく、聞き取りやすさにも配慮します。
マウスを使用することなくキーボードだけでホームページを移動できるか確認する
リンクの属性に「accesskey」や「tabindex」を加えることによって、さらにキーボードのみでのブラウザ操作の利便性が向上します。
異なったOSやブラウザで表示を確認する
異なった環境でも製作者の意図されたとおりに表示されるか確認します。