技術紹介

技術紹介

デザイン技術

 デザイン力
ホームページのコンセプト、ターゲット、テーマカラーを元に全体デザインを決定していきます。特にトップページは、更新情報の掲載、1クリックでサイトマップにアクセス可能、本文にすぐたどりつけるなど、使いやすさを考慮したデザインをご提案しています。

これまでのノウハウを基盤として、新たなデザインも取り入れ、日々より良いデザインを作り出しています。

 ユーザビリティ
ページ数が多いページで、いつのまにかどうやってこのページにアクセスしたか、どうやったら元のページに戻れるか分からなくなってしまった経験があるかと思います。

そのようにならないよう、どの階層のどのページを閲覧しているか、視覚的にはっきりわかるデザイン、ページ構成をご提案しています。

 WEBアクセシビリティ
インテグラル独自のWEBアクセシビリティの指針に基づき、アクセシビリティを考慮したデザインをご提案しています。詳細は、WEBアクセシビリティへの取り組みをご覧ください。

 サイト設計、サイト分析
ページをいくつかのカテゴリに分類することにより、ホームページに訪れた人が、どのような情報が載っているか探しやすく、分かりやすいページとなるよう、サイト設計、サイト分析を行っています。

 「Web標準」に準拠した、正しいHTML書式・CSS書式によるサイトの構築
当社では、「Web標準」であるW3C勧告に準拠したWebサイトの構築を行っています。「Web標準」に準拠したサイトは、検索エンジンの対策の最適化、アクセシビリティの向上、サイトのメンテナンス性の向上に繋がります。

 制作作業の効率化
Adobe Dreamweaverのテンプレート機能によりHTMLファイルの管理を簡易に行うことができるため、作業効率をアップしてホームページ制作を行っています。これにより、スピーディな修正対応を可能としています。作業効率が良いことは、より早くお客様にサービスを提供できることにつながります。

Webシステム開発

お客様の業務やサイトの運用に合わせたWebシステムをご提案いたします。小規模なものから大規模なものまで、幅広く対応しております。

また、当社標準フォーマットのシステムやオープンソースソフトウェアなど汎用的な資産や技術の活用により、高品質なWebシステムを低価格でご提供いたします。

オープンソースソフトウェアの導入・カスタマイズからオーダーメードシステムまで、Webシステムの開発は弊社にお任せください。

CMS(コンテンツ管理システム)

WebサイトにCMS(コンテンツ管理システム)を導入することで、場所や特定の環境に依存することなく気軽にWebサイトの更新ができるので、Webサイトの管理をより省力化することができます。

Webサイトの更新に必要なものは、Webブラウザとインターネットに接続可能な環境だけ。ホームページ作成ソフトは必要ありません。また、複数人で同時にWebサイトの更新を行うことも出来ます。

弊社ではWordpress、Seezoo、Drupal、Pukiwiki、XoopsなどのOSS系CMSや、DBPSなどの商用CMSの導入コンサルティングやテンプレート作成およびシステムのカスタマイズを行っております。

RIA(リッチインターネットアプリケーション)

WEBブラウザの静的な特徴の限界を超えて、「リッチクライアント」と呼ばれる、より高度なユーザーインターフェイスや、より柔軟で分かりやすいアプリケーションが求められています。

FlashやJavaScriptフレームワーク(jQuery、Prototype.jsなど)、HTML5などの技術を利用することで、単純なアニメーションの実装からネイティブアプリケーションに匹敵する高度な機能やインターフェースの実装まで、表現力豊かなインタラクティブ性の高いWebサイトの構築が可能です。

弊社では、これらの技術を最適な場面に用いて、お客様のサイトに効果的な技術とデザインをご提案いたします。