住宅の省エネ診断サービスを開始

プレスリリース - 2010年1月15日

株式会社インテグラル(つくば市東2-31-18 代表取締役柳澤泰男)は、リフォーム工事業者様向けの既 存住宅の省エネ性能診断書を作成するサービスを本年1月より開始します。

当サービスは、木造住宅の室温変化の実測に基づき、インテグラルが独自に開発した専用ソフトにより住宅の 省エネ性能を診断するものです。利用者、および、住宅の所有者は、本サービスにより、住宅の省エネ性能に関す る的確なアドバイスを個別に受けることができ、また計測結果をもとに、その住宅に適した省エネリフォーム工事 内容と費用、期待される効果も確認することができます。

インテグラルでは、優良住宅の設計を支援するソフトウェアの提供、および、関連する支援サービスを展開し、施主にもわかりやすい住宅の耐震 診断、及び、耐震リフォーム促進を進めてきました。国の『住宅版エコポイント』 の創設に伴い、リフォーム需要の喚起が期待されていますが、施主が費用対効果がわかりにくいとの問題点があり、 省エネリフォームによる省エネ性能、および、CO2 削減効果などをわかりやすく示すことが求められています。そこで、省エネリフォーム工事を行う工事業者様が、このサービスをご利用することで、客観的な省 エネ診断結果を もとに、施主に説明可能になると考えます。弊社ソフトのユーザー組織である“ホームズ君すまいの安心フォーラ ム”の会員をはじめ、省エネリフォームに意欲のある工務店様や住宅設備業者様にご提供いたします。

なお、今後は、このサービスを省エネリフォームと同時に検討されることの多いバリアフリーリフォームへ拡充し、既存住宅の総合的な性能向上を目的としたリフォーム事業支援に特化したサービスを展開してまいります。

「住宅の省エネ診断サービス」概要

利用対象 省エネリフォームを行う工務店、住宅設備業者、建築設計事務所等
提供開始時期 2010 年1月
サービス費用 1診断につき、21,000 円
提供目標数 500 診断/初年度
特長
  • 住宅の省エネ診断書作成サービスでは、住宅の温度変化を実測するための専用の計測キッ ト(貸し出し)を使い、暖房停止時からの居室の温度降下を計測します。自動ログ機能つきのデジタル温度計を用いるため、設置するだけで簡単に計測が可能 で、計測中、施主自身に関心を持っていただくことができます。
  • 所見等による建物仕様の推定と計測結果から専用ソフトを用いて、診断対象の建物の省エ ネ性能を、参考値と して新築時の省エネ基準で用いる基準である省エネ等級を適用し、評価します。さらに、診断対象の建物が省 エネリフォームにより、どの程度、改善されるかをシミュレーションし、リフォームの効果について、省エネ性(断熱性)、快適性、経済性の各面からの充実し たアドバイスを行います。
  • 省エネリフォームの提案は、部分的なリフォーム、あるいは、建物全体のリフォームな ど、具体的なリフォーム数種類が提示されるので、リフォームをしようと考える住宅所有者が、予算や優先順に比較検討がしやすくなります。省エネリフォーム 営業時のプレゼンテーション資料として活用いただけます。

省エネ温度計測の方法

  • 建物の内部(暖房している部屋、していない部屋)に5箇所、建物外部1箇所に温度計を設置します。
  • およそ24 時間程度、計測していただきます。

省エネ温度計測の方法

本件に関してのお問い合わせは下記までお願いします。

株式会社インテグラル 担当:藤間
茨城県つくば市東2-31-18
TEL:029-850-3331
FAX:029-850-3334
URL:https://www.integral.co.jp/
E-MAIL:info@integral.co.jp