日経BP社 ケンプラッツに弊社オフィスの紹介記事が掲載されました。

マスコミ掲載情報 - 2012年1月17日

2012年1月6日 日経BP社 ケンプラッツ

モリリン守山の「オフィス新発見!」
軸組工法でつくった木造エコオフィス、インテグラル

 レッドシダーを縦張りした外壁に、白いアルミ樹脂複合サッシの窓が並んだ外観。両開きの木製ドアを開けて入ると、玄関土間の右手に下駄箱がしつらえてある。くつを脱いで上がるホールの正面には、上階へつながる木製の折り返し階段が続く。

 “家のような”コーナーを設けたオフィスは、これまでいくつか訪ねたことがある。でも、システム開発・販売を行うインテグラル(茨城県つくば市)が2011年8月に新築した開発センターは、つくりそのものが家だった。建物内外に木をふんだんに用いている見た目の印象だけではない。建物を建てる技術が、一般住宅と同じ軸組工法なのだ。住宅と比べると規模こそ3階建て延べ面積377.42m2と大きいが、躯体の木材も住宅用に流通する材を使っている。坪当たり59.8万円という工事費も住宅レベルだ(外構、太陽光発電システムは除く)。

※詳細はケンプラッツにてご覧ください。