日刊木材新聞に1月27日開催のホームズ君オンラインセミナーに関する記事が掲載されました

プレスリリース - 2021年2月4日


2021年2月4日 日刊木材新聞 (5面)
耐震性能の重要性学ぶ
ホームズ君の新機能も
インテグラル・オンライン・セミナー

 インテグラル(茨城県つくば市、柳澤泰男社長)は1月27日、大橋好光東京都市大学名誉教授を講師にオンラインセミナーを開いた。
 大橋氏はこれまでの地震被害と建築基準法の改正などの関係を解説し、耐震性能の重要性を指摘した。
 インテグラルは、構造計算ソフト「ホームズ君構造EX」を紹介。昨年開発した「構造3Dビューア」では、検定結果3Dモデル化し、構造的な弱点などを分かりやすく表示できることを訴えた。「これから構造計算に取り組む方にも、より深く理解してもらえるよう開発した」(同社)。
 「ホームズ君構造EX」には、必要壁量や床倍率、梁の断面欠損などをカラーで表示する機能も。ウォールスタットでの耐震性能の比較検証も簡単にできる。
 1月19日のバージョンアップでは、基礎梁の検定書を出力し、甲乙梁を計算から除外する機能を付加した。
 住木センターで作成中の「中大規模木造対応のグレー本」への対応などの新機能開発を進めていることも明らかにした。